ハチの被害は全国で

ハチの巣ができたら相談

蜂は夏の終わりから秋にかけて、その数を増やしていきます。巣は徐々に大きくなっていき、大きいものはバスケットボールよりも大きくなり、その数も2000匹を超えることとなります。この時期の蜂は巣を守り、種の保存を行うために、巣に対し危害を加えようとするものに対しては、高い攻撃性を持っています。そのため、安易に近づこうものなら、命を顧みず攻撃を仕掛けてくるようになっています。この時期に、蜂を駆除しようと思うと、どうしても被害を受ける可能性が高くなります。特に素人が素手で駆除を行うことは非常に危険を伴うことです。こういった時には、自治体に相談するか、インターネット上のハチの駆除を行っている業者に連絡して、対処することが無難です。

自分ではできない作業もしてくれます

一般的に、蜂の巣のイメージは、軒先からぶら下がっている図を想像しがちですが、必ずしもそういった形状の巣ばかりとは限りません。特に、外見上、巣の存在が全く見えないにも関わらず、確実に蜂が出入りしている状態は気持ちが悪いものです。こういった状況であっても、蜂の駆除専門業者は、様々な機器を用いて調査 駆除を行ってくれるのです。屋根裏に巣ができていることを確認した場合には、天井裏に入り込み駆除を行ったり、屋根の一部を開口して除去していてくれます。この部分については、補修も行ってくれ、さらには、再度、蜂が侵入して巣を作らないように、不要な隙間などは埋めるなどの処置をしてくれます。こういった、素人には手が行き届かないことまで対応してくれることが人気の秘密です。

このエントリーをはてなブックマークに追加